香典返しの知識

香典返しの知識

故人に代わって香典を受け取りした、香典返しの考え方

故人に代わって遺族が受け取りした香典は、本来は故人のたむける香の代金、喪家に対する相互扶助の意味があるものなのです。香典返しは本来は必要のないものです。特に、一家の働き手を亡くした場合などは、忌明けの挨拶状で感謝の心を記すだけで香典返しは必要ありません。しかし、一方では香典の額の2分の1から3分の1の品物を配る半返しのしきたりも慣習として残っています。また、近年では額に関係なく、同じ品物を配ったり、何ランクかの品物を決めて配るケースもあります。更に、社会福祉団体などに寄付し、忌明けの挨拶状に、そのことを報告して香典返しにかえることも広く行われるようになりました。ただし、品物を選ぶ場合はどこの家でもよく使われる日用品を選ぶのが一般的です。お返しの時期ですが、仏式では、忌明けの四十九日(または三十五日)の頃行われるのが一般的で、神式では、30日祭か50日祭の頃、キリスト教式では昇天記念日(1か月)が選ばれています。

香典返しは受け取りをするだけでいいの?

お通夜や葬儀に参列して数日後に送られてきた香典返しに対してお礼の連絡をすべきかどうか悩んだことがある人は少なくないでしょう。香典返しは香典のお礼という意味を込めて先方から送られてくるものです。もしお礼をしてしまったら礼に礼を重ねることになり、不幸を重ねるという意味になるので嫌がられることが多いと言われています。このことから香典のお返しを頂いたら受け取りをするだけでお礼はしなくても失礼にはあたりません。それでもお礼をしないとなんとなく気がかりだという人はお礼という形ではなくお心遣いを頂いたことについて恐縮している旨を伝えるとともに、励ましの言葉をかけてあげましょう。失礼にもあたることもなく送り主の心も少し癒されます。相手と親しい関係であれば電話で直接品物が届いたことやその後のことを気遣う言葉を伝えましょう。そんなに親しくはないということであれば手紙やハガキで内容を簡潔に伝えるという方法があります。

check


出雲大社 結婚式


2020/10/28 更新

『葬儀』 最新ツイート

@RadioMaimai

母が1月末頃に亡くなってから親戚(母の姉)などから何かしら連絡あったり言われたりで。葬式出して四十九日過ぎてから父母の遺言の散骨したり葬儀社の人と打ち合わせしたりいっぱいいっぱいでラジオゆっくり聴いたりする心理的な余裕なかったのがやっと戻ってきたなぁ

10秒前 - 2022年05月22日


@lovestrapooooon

すごく乱暴にいうけど 自死の方の葬儀を お迎えから最後まで 体感してみたらいい やり場のない 怒り 後悔 嗚咽と怒号が響く会場 沢山の負の感情と 故人への謝罪が 入り乱れる時間 生き地獄に感じるよ よい世界になりますように https://t.co/PcqyFyTnLT

58秒前 - 2022年05月22日


@pI102onZCfWQCE2

@hikarinowa_1 話は飛びますが、 聖ベルナデッタ (ベルナデッタ・スビルー)の 次の人生の葬儀方法は、 宮内庁のご判断の 影響を受ける可能性が あります。

2分前 - 2022年05月22日


▲このページのTOPへ戻る▲